タグ:邦画 ( 35 ) タグの人気記事

『うまれる』

『うまれる 〜ボク、パパとママを選んで生まれてきたよ〜』ドキュメンタリー映画
b0037654_118079.jpg
前職のお局さんと一年ぶりに再会。
久しぶりにあったらお腹がふっくら膨らんでいた。
2人目の命が宿っておりました^^

今回どこに行くかでいくつかあった候補のなかから映画を選択させていただきました。

選んだわけとは、
シネスイッチ銀座ではお子ちゃま同伴OKの「ママさんタイム」上映があるというので
どんなものなのか興味があったのと、『出産』というテーマで絶対感動するでしょう!と、
お局さんが元々行く予定だということで決めましたw

1時50分上映なので三越前で待ち合わせをして、三越9階へ。

9階には広いフリースペースがあり、机と椅子もあるので
お弁当をたべつつ子供達には目の前で走り回ってもらいました。

フロアーにあるお店は子連れではいりやすいのか、ベビーカーママさんがけっこういる。
おむつ替え部屋や授乳室もありました。

こんなに便利な所があるなんて知らなかったから良いところを教えてもらった。
息子とお出かけの時は何処でおむつを替えられるとか授乳室はどこにあるのか
把握しておかないと探すのって大変だよね。
知ってるだけでなんだか安心する^^

そろそろ始まる時間かなと、映画館に向かう。

映画のテーマがテーマだけに『プレママ割引』というのがあった。

マタニティマークのキーホルダーか母子手帳を持っていると1000円になります!
先に買ったお局さんは割引適用!

『お腹に赤ちゃんいないの?』なんて冗談を言われましたが、
心当たりがない私は1800円也。

チケットを持って入口にいくと、あらびっくり!!

『只今、開いているお席を探しております』とアナウンスが。

えぇ!こんなに混んでると思わなかった。

まさかの立ち見でございます。立ち見なんて数年ぶり。

私はいいけどマタニティお局が大変。
誰か代わってくれないかと思うけど、ほとんどが子連れのママさん。

みなさん大変よね・・・

しっかり2時間立ち見しました。

幸いだったのが三越で遊ばせたかいがあり子供2人はすぐに寝てくれたので
立ちっぱで辛かったけどじっくり見ることができました。

最後のほうで息子が機嫌よく起きて動き回っていたのでちょっとだけ観られなかった。

起きてるとずっと抱っこも嫌がるし、下ろすとあっちこっち行き出すからみてないといけないし。
ほとんど寝てくれていたのが本当よかった。
[PR]

by oct19ky | 2010-12-02 13:50 | ☆映 | Comments(0)

花より男子-ファイナル-

出演:井上真央 松本潤 小栗旬

あらすじ
道明寺がつくしにプロポーズしてから4年。
2人は全世界に向け、盛大な婚約発表会見を決行。
その後、結納を交わしたつくしは、道明寺の母・楓から、道明寺家に嫁ぐ者に
代々受け継がれてきたティアラ“ビーナスの微笑”を贈られる。
しかしその夜、何者かにティアラを盗まれてしまい……。
b0037654_23491142.jpg
いつも利用しているレンタル屋さんが金曜日で閉店に・・・。

漫画も借りられるし近くだしでよかったのに・・・ガックシ。

閉店間近だったので行ってみると閉店セールをやっていた。

新作・漫画→半額 その他→100円。

何か借りるしかない!と思い花より男子を借りた。

映画版の花男はたしか原作にはないオリジナルストーリだったっけ?

新旧の花沢類の登場はちょっと面白かった。

藤木直人はかっこ良いですなぁ。

『愛』っていいな^^
[PR]

by oct19ky | 2009-02-12 19:30 | ☆映 | Comments(2)

僕の彼女はサイボーグ

出演:綾瀬はるか、小出恵介

あらすじ
21歳の“僕”を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという
最高にキュートな“彼女”は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。
“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない
“彼女”に思いが伝わらず、“僕”は一方的に別れを告げてしまう。
しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった。
b0037654_11583234.jpg
綾瀬はるかの可愛さが爆発してます。

見た人は絶対好きになると思う。

感情を持たないサイボーグなのでドラマの可愛らしい綾瀬はるかとはまた違った可愛らしさがあり、
おちゃめなところもあり、力強いところもあり。ちらっと笑いもある。

映画としてもなかなかの面白さがありました。
想像通りなのかと思いきや、そうでもないところ。

現在⇒過去⇒現在⇒過去⇒未来と舞台が変わるてんこ盛りな内容となっているけど、
飽きさせない演出があって、2時間ないのに、2時間以上の映画を観終わった疲れが残る(笑)

現在、ICHIで盲目の剣豪綾瀬はるかが上映中ですが、見てみたいです。
[PR]

by oct19ky | 2008-11-04 11:58 | ☆映 | Comments(0)

容疑者Xの献身

出演:福山雅治・柴咲コウ・北村一輝・松雪泰子・堤真一
原作:東野圭吾

あらすじ
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海は先輩と事件の捜査に乗り出す。
捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神が、
ガリレオこと物理学者・湯川の大学時代の友人であることが判明。
内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理すが…。
b0037654_1773263.jpg
『容疑者Xの献身』がガリレオシリーズ初めての長編というのは、最近知ったことでした。
原作を読んでいて、何故タイトルに『X』を使うのかというのと、容疑者の『献身』がなんなのかわからずに読んでいると、
タイトルにはちゃんと意味があって、献身ぶりに驚いたことを覚えています。

その後、福山雅治と柴咲コウが東野圭吾原作の『ガリレオ』シリーズがドラマ化になりましたが、
この時はまだ知らずにいたので、見てなかったんです!
ドラマが放送してまもなく映画化!が決まり詳細を読んでいるとこの『容疑者Xの献身』が使われるということでした。

上映開始の今日、花兄夫婦が実家にお泊りしているということで6人で映画鑑賞!

原作が面白かったほど、映画はう~んと唸ることが多かったので(自分のイメージと違うなど)、どうかな?と思っていたんだけど、
実に見ごたえのある映画となっていました。

湯川の『実に面白い』と言うあのテンポのキャラが、真実と友情の狭間で苦悩するあたり。
あ~、湯川も人間だったか。と思いドラマの雰囲気とはちょっと違うみたい。

石神の幸薄で暗いイメージを見事に演じていた堤真一。

ベテラン俳優陣はやはりベテランだな!と思いました^^
[PR]

by oct19ky | 2008-10-05 23:59 | ☆映 | Comments(0)

崖の上のポニョ

あらすじ
海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、
瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。
一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、
ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。
それでも宗介を想い、人間になりたいと願うポニョは、
妹たちの力を借りてフジモトの蓄えた魔法の力を盗み出し、再び宗介の元を目指すが。
b0037654_13204513.jpg
ポーニョポーニョポニョ魚の子 青い海に住んでいる♪

ポニョの主題歌の最初に歌われる歌詞。

職場でラジオを聞いているのですが、公開前日には1時間に一度、いや30分に一度くらいの
頻度でポニョの歌が聞こえてきました。

最初のうちは可愛らしい子供の歌だなって思い聞いてたんだけど、
聞きすぎてだんだん呪いの歌にきこえてくるのです^^;

リピートしすぎも問題あるな。と。

久々に映画館に行きました!

ジブリ映画は毎回映画館でみてる気がします。

手書きに拘ったと言う宮崎さん。

手書きの温かさがよく出ていたと思います。

最近はCGやら綺麗過ぎるアニメが多いから、懐かしさもある。

今までの難しいメッセージ性とは違い、単純に可愛い!って思える映画でした^^
[PR]

by oct19ky | 2008-08-03 23:59 | ☆映 | Comments(2)

憑神(つきがみ)

原作:浅田次郎
出演:妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介

*あらすじ*
うだつのあがらない下級武士の別所彦四郎は、ささやかな出世を願って神様に懇願するが、
祈る稲荷を間違えたために貧乏神・疫病神・死神という3人の災いの神に取り憑かれてしまう。
社会や家からのけ者扱いされて日々を過ごしてきた彦四郎だったが、
突然の災難に見舞われたことによって、次第に自分の人生の意義について目覚めていく。
b0037654_1650965.jpg
『涙そうそう』『どろろ』今や稼げる役者となった妻夫木さんの映画『憑神』
原作の本は読んだことないけれど、表紙からして西田敏行さんにして面白そう♪な匂いがぷんぷん。

一人一人のキャラクターがとても個性的で面白かった(笑)

最後は意味わからい。
それがなかったらなぁ・・・
[PR]

by oct19ky | 2008-01-14 23:59 | ☆映 | Comments(0)

大奥

出演:仲間由紀恵.井川遥.及川光博.西島秀俊

*あらすじ*
正徳2年(1712年)、第7代将軍家継の後見人となり、幕府の実権を握る間部詮房と、
反発する老中たちの権力争いが表面化する。
同様に、大奥でも2つの派閥が対立していた。
先代将軍家宣の正室でありながら生まれた男子が早世してしまった天英院と、
家宣との間に家継をもうけて側室から将軍生母となった月光院。
奥女中の天英院派と月光院派は、熾烈(しれつ)な女の闘いを繰り広げる。
そんな中、若くして大奥総取締に昇格した絵島は、敵意と中傷の嵐から月光院を守るべく、
身をていして奮闘していた。
b0037654_1418463.jpg

大奥ってどんなところ??

江戸城の御殿で、将軍の正室(御台所)や側室や生母、
それに仕える奥女中たちの生活の場である。第2代将軍秀忠の時代に作られた。
1618年には「大奥法度」という法律が発布され、表の世界と大奥は完全に分離した。
その体制は江戸城開城まで続く。
最盛期には1000人以上もの女性が暮らしていた。
大奥は独立した建物で“御鈴廊下”によって中奥(将軍の居間兼執政室)へとつながっている。
この廊下を通って大奥へ渡れた男性は、将軍だけ。
日本の歴史上でも、ほかに類を見ない“女の園”である。   (ホームページより引用)

花夫が風邪っぴきの為、週末はお家day。
朝一からレンタル屋さんに駆け込みマンガとDVDを借りてくる。

『映画借りてきたよ~』
『なに!なに!新作?何の映画かな?かずの事だからなぁ~ あ!『それでも僕はやってない』じゃないの?!』

う~ん『新作』の読みはいいんだけどなぁ。

『ふふふ、見てのお楽しみ^^』
なんて言いながらDVDをセットして再生ボタンをON

『なーんだ、大奥かぁ』
・・・チラッとラベルが見えたようで^^;

マンガは花夫に読ませておいて私は映画♪映画♪
[PR]

by oct19ky | 2007-10-21 23:59 | ☆映 | Comments(0)

タイヨウのうた

出演者:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗

*あらすじ*
太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫は、
学校にも通えず、唯一の生きがいは夜の駅前広場で路上ライブをすることだった。
そんなある日、彼女は孝治という青年と出会い、急速に親しくなっていく。
しかし、孝治に病気のことを知られてしまった薫は、初恋も歌もあきらめてしまう。
b0037654_16214626.jpg
朝寝て、夜目覚ましをかけて、両親と夕飯(朝ごはん)を食べていつもの場所で
ギターを弾きながら歌う姿がそんな生活がとても儚い。

腕時計のタイマーは夜明け前の4時。
太陽を浴びれない病気、XP。

明らかにYUIのセリフが少ない分、歌ってる時のほうが多くて
なんだかミュージカルみたい(^^)

かわええかったなぁ。

塚本君に告白する姿がとっても初々しい。
[PR]

by oct19ky | 2007-09-30 23:59 | ☆映 | Comments(0)

どろろ

出演:妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、土屋アンナ

+あらすじ+
戦国の世を憂う武将の醍醐景光は、乱世を治める力を得るため、
自分の子である百鬼丸の体から48か所を魔物に差し出してしまう。
やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。
一方、コソ泥のどろろは百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、
彼を追いかけ始める。
b0037654_11204554.jpg
言わずと知れた手塚治氏の『どろろ』
実写映画版で、とてもじゃないけど無理とか言われてたようですが、
魔物との戦にワイヤーアクション、魔物を倒した後に百鬼丸が
体の部位を再生させる度に苦しむ様など、何だか凄いことになってました。

普段の役と大分離れたドロロのキャラに徹した柴崎コウはお見事でした。
笑顔が素敵な妻夫木聡も終始険しい顔で百鬼丸を演じていて、
中井貴一に負けずとも劣らない役者魂を感じましたねぇ~。

続編がありそうな終わり方だったので期待大!!
[PR]

by oct19ky | 2007-08-03 23:59 | ☆映 | Comments(0)

UDON

出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香

+あらすじ+
成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助は、
挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。
借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、
地元の雑誌社で働く編集者の恭子が現れる。
香助は恭子や地元の人々と触れ合ううちに地元の名産品である
“うどん”の魅力に目覚め始める。
b0037654_14253731.jpg
葱と生卵を落として醤油を一回り・・・・
崩した卵の真ん中からすくいだすうどんって美味しいよね(^^)

今までお蕎麦屋さんに入ったことはあってもうどん屋さんに入ったことはありませんでした。

うどんのざるとか知られざる美味しさ!って感動したっけ(笑)

香川県には東京のマック以上にうどん屋があるようですΣ(゚д゚っ)
花夫とへぇ~ボタンを押しちゃった。

映画なんだけどドキュメンタリーっぽいのが新鮮だった。
本当にユースケ・サンタマリアと小西真奈美が取材してるみたいで面白。

だって何件も何件も出てくるうどん屋さんは実在する人だし、インタビューに答える人も
そのお店の人。まぁ、セリフは台本があるのかもしれないけど、リアルです。

朝のニュース番組で紹介するってシーンも実際にある番組だし。
本当、映画っぽくない。

でもそれだけじゃなく笑いあり・泣きあり。

興味がない映画だったけど勧めてもらって良かった(^^)
[PR]

by oct19ky | 2007-07-07 23:59 | ☆映 | Comments(0)