キング・コング

監督:ロード・オブ・ザ・リングの監督ピーター・ジャクソン
出演:ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ

+ + +あらすじ+ + +
1933年、大恐慌時代のアメリカ、ニューヨーク。
売れない女優アン(ナオミ・ワッツ)は、芝居小屋が突然閉鎖になり路頭に迷う。
そんなアンを救ったのは、映画作家を名乗るカール。

しかし、彼にはある企みがあった。
偶然手にした秘密の地図。
そこには時の流れから取り残された原始のままの島の位置が書かれている。
そこで誰も見たことが無い冒険映画を作ろうとするが・・・。
b0037654_0305092.jpg

言わずと知れた特撮映画の金字塔、1933年公開のキングコングのリメイク作品。

白黒だったキング・コングは見たことあったけど
恐ろしく退屈してた記憶があります(笑)
でも今回のコングは動きとか顔の表情とかすっごくリアル!
ナオミ・ワッツの恐怖の叫びもお見事でした。

1933年のアメリカの町や森や景色があり得ないような映像だったので
『どこからが本物の映像で、どこがCGなのかわからないね』って言うと
『全部CGだよ』とあっさり言われてしまいました。

3時間ちょいと長いのですが、私の感想では
最初、船で出発するまではご飯食べたり話したりちゃんと観てなかったけど、
コングが出てくる辺りからスピーディーに映像が切り替わりハラハラどきどき。

その後はトイレに行く暇もないほど面白かった!!
ジュラッシク・パークにひけをとらない恐竜シーンとか
ちょっと鳥肌もんの気持ち悪い場面とか。
長い割には充実した内容だと思ったし、退屈にはなりませんでした。

映像も凄くよかったけど、
まさかラストのシーンで泣くとは。。。
長いけど観る価値あると思うなぁ~。

でも、よくよく考えると、なんて人間っぽいコングなのでしょうか。
そう思えるとなんだから笑えてくる(^^)

ちなみに一緒に観ていた花男は飽きて雑誌は読み出すし
最後はイビキ鳴らしながら寝てましたヾ(。`Д´。)ノ彡
[PR]

by oct19ky | 2006-06-23 23:59 | ☆映 | Comments(0)